業務

LPガス点検調査の流れ

LPガス点検調査の流れ説明図    点検風景

LPガスご利用のお客様は、4年に1回以上の法定点検を受けて頂きます。
LPガス保安センターは、お客様宅の設備の点検・調査(法定点検)をします。
LPガス販売店(組合員)は、保安センターに点検調査を委託し、点検料金を負担します。

業務内容

LPガス販売店は、液化石油ガス法第20条及び36条により、お客様宅のガス設備の点検調査を行うように義務付けられています。これを法定点検といいます。
この法定点検はお客様宅の安全を保つために大切な点検です。また、期限内に点検しなければなりません。
そこで、この法定点検を専門に行う機関(保安センター)が設立されました。
保安センターは、販売店から委託を受け、お客様宅の定期供給設備点検と定期消費設備調査等を代行します。このような代行は国や都道府県から保安機関として認定を受けた機関だけが行えます。これを認定保安機関といいます。
保安センターは、高度な技術を持つ専門調査員が効率的なローラー方式で法定点検を行います。この法定点検に掛かる費用は販売店が負担します。
調査員には、担当地区が定められています。(まれに他の地区を手伝うことも有ります。)
 お客様宅にお伺いして、お留守の場合は『ご不在連絡票』でご案内いたします。
この『ご不在連絡票』には、"点検"と偽って訪問する点検詐欺の防止のために、担当調査員を写真で確認及びダイレクトアクセスできるようにQRコードを付けて有りますので、ご利用してください。


  点検用社用車    ユニフォーム   点検
  HOMEに戻る  2011年より こちらの『てんけんくん』表示を採用しました。

おもな点検内容

容器の設置状況確認 / 供給管等の漏洩試験、ワレ、キズ腐食、損傷防止措置 / 高圧ホース、低圧ホースの設置状況、交換期限 / ガスメーターの容量、検定期限 / 配管の漏洩 / 消費設備の接続方法、安全装置 / 給排気及び排気筒 / ガス漏れ警報器の位置、有効期限 / その他